あん摩マッサージ指圧師と将来

あん摩マッサージ指圧師と聞くと、ちょっと時代遅れな気がする方もおられるでしょう。
ところが産業としてみると、この業界はどんどん急成長を遂げているのです。
医師の同意書があれば「療養費」として健康保険の適用となるあん摩マッサージ。
この療養費の取扱金額が年々増加の一途をたどっているのです。
1997年度にはあん摩マッサージの療養費扱い金額は71億円でしたが、2000年度には103億円2004年度には212億円、そして2006年度にはなんと288億円となり、300億円にも迫っています。

a0001_012158

老人介護施設・ショートステイ

老人介護施設やショートステイ、訪問リハビリテーション介護で行なわれるマッサージがこれだけ増えているのです。
高齢者が増える間はこの数字も伸び続ける可能性があります。
医療技術が向上し、人間の寿命が飛躍的に延びた現代社会。
とはいうものの若い頃のように生活を楽しめる訳ではなく、痛みや悲しみと付き合いながら余生を過ごす必要がでてきています。
介護保険や介護サービスは充実しても、痛みや悲しみを軽くしてくれる訳ではありません。
マッサージの心地よさが、今日一日の安堵と慰めを与えてくれることでしょう。

医者から「加齢だから仕方ないよ」といわれる高齢者。
仕方ないのはわかっても、日々の痛みやしびれはどうしようもありません。
そんな高齢者の苦しみを緩和する優しい役目を果たすあん摩マッサージ指圧師は、これからの高齢化社会の気配りの効く世話役として珍重されていくにちがいありません。

訪問リハビリマッサージをするあん摩マッサージ指圧師

寝たきりの高齢者が増えているため、すべての寝たきり高齢者を病院や療養施設で介護することはできません。
可能な方には自宅に戻っていただいて、訪問介護や訪問看護を通して在宅ケアを行なっていくのです。
そんな訪問介護を行なっている中に、あん摩マッサージ指圧師も含まれています。
彼らは訪問リハビリマッサージを行なっているのです。

脳疾患や骨折など高齢者にとっては寝たきりになってしまいがちな状況で、可能な限り筋肉のこわばりを取り、麻痺を和らげて、可能なら再び自力で歩いたり着替えたりといった生活を取り戻せるよう支援していきます。
トイレに行かれるか、行かれないかだけでも高齢者自身の生活の質は相当違ってくるものです。
歩けなかった方が、あん摩マッサージを通してだんだんと元気を取り戻し、再び庭を散歩できるまでに回復するとは驚きです。

また、パーキンソン病やリウマチといった筋肉がこわばっていく病気の場合にも、あん摩マッサージ指圧師による訪問リハビリマッサージは有効です。
あん摩マッサージは手術や薬とは違い劇的な回復はないのですが、徐々に元気をとり戻す治療です。
回復と痛みの緩和を同時に行なえるもの大きなメリットです。

高齢になって寝たきりになってしまえば、死ぬまで起き上がれないと一般的には思われがちですが、そんなケースにも時には回復が見られることを考えると、人間何歳になってもあきらめてはいけないんだな、と感じさせられます。

パーキンソン病についてhttp://www.parkinson.gr.jp/
cool

リウマチってどんな病気?http://www.santen.co.jp/ja/health/rheumatism/about/q1.jsp
1394846037404

自分でもできる自宅でマッサージ


マッサージはリンパにも良いことから顔いろがよくなったり体調がよくなる場合があります。その際には、プラセンタ コラーゲンドリンク等を生活にプラスするとマッサージで美容効果の向上にも関係してきます。
まずは激やせサプリメントやバストアップマッサージのみを試し、2cupUPを目標にしてください。そのあとは、安定させる意味でバストアップサプリを飲むと形も綺麗なバストを目指すことができると思います。

激やせサプリメント
バストアップサプリhttp://bmotherleaf.shop-pro.jp/